メニュー閉じる

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください

075-935-5511

2017年4月、理容師・美容師法施行規則が改正され、
理容師、または美容師資格をお持ちの方が、
もう片方の資格を取得する際
必要な理美容学校修業年限は従来の半分
筆記試験課題は1科目のみ(実技試験は従来通り)

となり、両方の資格取得が目指しやすくなりました!

これに伴い、KYORIでは2018年4月より有資格者コースを設置。
理容科・美容科両方を有するKYORIだからこそ
最短距離で効果的に両方の資格を
取得することができ ます。

募集要項

入学期 10月/4月
修業年限 1年半
出願資格
  • ■有資格者コース美容科
    理容師免許所持者、もしくは理容師養成施設の在校生、及び卒業生
  • ■有資格者コース理容科
    美容師免許所持者、もしくは美容師養成施設の在校生、及び卒業生
出願受付期間 2018年10月生:2018年6月1日(金)~2018年9月20日(木)
2019年4月生:2018年12月1日(土)~2019年3月20日(水)
  • ※受付期間内でも定員になり次第締め切ります。
選考方法 書類審査
提出書類
  • ①入学願書(お電話、またはHPにて別途ご請求ください。)[写真を添付]
  • ②次のうち、該当するいずれかの書類
    ・理容師または美容師免許所持者→免許証のコピー(白黒でも可)
    ・理容師または美容師養成施設卒業者で、免許未取得者→養成施設の卒業証明書
    ・理容師または美容師養成施設在校生→養成施設の在学証明書
  • ③写真1枚
    ※カラー写真限定。縦4cm・横 3cmで6ヶ月以内に撮影した半身、無帽、無背景の写真。裏面に氏名を書くこと。
  • ④入試選考料(10,000円)
    ※同封の振込用紙にて振り込み、振込受付証明書を願書の裏面に貼付してください。
出願方法 出願書類を全て揃えて、本校事務局へ提出してください。 [郵送受付]簡易書留にて出願書類を受付期間内に郵送してください。[窓口持参]月~土 9:00~17:00
合格発表 書類選考後、1週間以内に本人宛に郵送にて通知。
特典 KYORI在学中に出願した場合、入試試験および入試選考料が免除となります。

お客様に提供する
技術の幅が広がる!

理容師法、美容師法ではそれぞれ許可されている技術が異なります。(例えば、顔剃りが出来るのは理容師のみ、まつ毛エクステができるのは美容師のみ、など)
両方を取得することで、お客様に提供する技術の幅が広がります。(ただし、施術場所や店舗に条件あり)

これからの時代に役立つ!

 

現代では、自由に自分らしさを演出できるファッションやヘアスタイルが求められています。メンズ・レディースとされてきたスタイルにとらわれず、それぞれの長所を活かして、お客様に最適のデザインを提供できる両資格取得者の需要はますます高まることでしょう。
また、高齢化社会において、訪問理容美容の機会も増えていく中で、現場で両方の技術に対応ができることも大きな強みとなります。

田谷 昂太さん

●なぜ理容師・美容師両方の資格取得を目指されていますか?

できることが少しでも多い方が、働く上で有利と考えていました。親が理容室を経営しているのですが、もし跡を継ぐことになった場合に、プラス要素として美容技術も使い発展させたいと考え、両方の資格取得を目指しました。

●どんな理美容師を目指していますか?

店を改装して利用も美容も一緒にやりたいと思っています。理容師は男性というイメージが強いので、美容の雰囲気もうちだして、女性も足を運びやすい店づくりを目指したいです。

●学校の先生やスクーリング授業はどうですか?また、スクーリング以外の時期に心がけていることはなんですか?

KYORIの先生はとにかく質問がしやすいので、学科に関してはスクーリング授業 時間内で頭に入れるように心掛けています。実技に関しては、就職先のサロンワークと結びつくところがあるので、意識して取り組んでいます。

在学中に有資格者コースに出願した場合
入学試験および入試選考料免除!

有資格者コース入学の際の
入学金10万円免除!!

2つ目の資格を取得する際、
1つ目を所持していることが条件ですが、
1つ目が不合格の場合も、
最短で両方の資格が取れるよう、
国家試験合格保証制度で、強力にサポート!

今、決める必要はありません!昼間課程入学後に、担任の先生と相談できます。もう1つの資格を取得するための勉強をいつから始めるかをゆっくり検討してください。

2つ目の資格を取得するときに、片方の資格を所持していることが条件となるため、早くても2年生進級時に有資格者コースに入学することになります。

受けられます。KYORI卒業生であれば、卒業後に何年たっていても有資格コースへの入学金は免除となります。また、国家試験合格保証制度(※)も適用されます。
※適用は、2009年度以降の卒業認定者に限る。